いかの刺身

連載日本の食生活全集

2022年04月22日

聞き書 青森の食事 津軽半島東部の食より

三月から六月ころまで、やりいか(けんさきいか、春いか)がとれる。やりいかは刺身にして食べるが、やわらかくて、口に入れると、とろりとしておいしい。

写真:(上)焼きいか、(下)いかの刺身

 

出典:森山泰太郎 他編. 日本の食生活全集 2巻『聞き書 青森の食事』. 農山漁村文化協会, 1986, p.125-125

関連書籍詳細

日本の食生活全集2『聞き書 青森の食事』

森山泰太郎 他編
定価3,038円 (税込)
ISBN:9784540860324
発行日:1986/8
出版:農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数:A5 384頁

二つの藩の伝統を受けつぐ青森県は、二つの半島、三つの海、三つの山脈を頂く。特色ある六つの地域で海の幸・山の幸の四季おりおりのくらしと料理法をちみつに聞き書き。
田舎の本屋で購入

このカテゴリーの記事 - 日本の食生活全集
おすすめの記事